相続について 生前贈与ってナニ

相続って実はいろいろ種類があるんですよ。
そんな中から今回はコレ!ズバリ「生前贈与」です。
本来、人の遺産の場合は、亡くなってから遺言書に基づいて相続するという認識が一般的ですが、名義変更などでいろいろな手続きを踏まなければならず、亡くなっていると死亡証明などが必要となるケースがあります。
そんな手続きを簡略化できるのが「生前贈与」です。
もちろん、すべてのケースで簡略化できるとは限らないのですが、生きているうちに譲渡することで、手放す側と受け取る側がそろって出向き、のそれぞれの身分証明で手続きができたりして楽なことが多いようです。
いろいろな「ワカラナイ」がある中で、今回は相続と譲渡の違いも含めながら生前贈与についてご案内いたします。

東京千代田区の税理士事務所 会社設立の際の手続きなどにもどうぞ

横浜でおすすめの税理士事務所をお探しの方

最新記事

  • 財産を相続すると、「相続税」がかかることがあります。
    この税金、けっこう高額になることもあるっ …

    続きはコチラ…

  • マナーブックといわれる本は、どこの家庭にもあるのではないでしょうか。
    いわゆる、日本の冠婚葬祭 …

    続きはコチラ…

  • まずはじめに、このサイトは「相続」に関する知識や都市伝説など、ありとあらゆる情報を集めたサイトです。 …

    続きはコチラ…